締めなおしのきく家







『T・K工法』

 世界で初めての締めなおしのきくボルT・Kボルトト『T・Kボルト』や『T・Kオートスクリュー』を使用した画期的な工法のことを『T・K工法』といいます。
 このT・K工法により従来の一般木造建築の耐久・耐震性が大幅に向上し、台風や地震に強い家を建てることが実現いたしました。
 家全体のデザインも必要ですが、見えない場所の骨組みを強くするというプロの目線で、耐震性のある住まいに安心して住んでいただけます。





『羽子板ボルト』
羽子板ボルト
 一般木造住宅に使用されている、今までの補強金具いわゆる『羽子板ボルト』は住宅完成時には確かな補強金具です。
 しかし、木材は年月とともに乾燥し、やせていく為、ガタが生じ、補強金具としての役割を果たせません。
 内部から締めつけることができないこの『羽子板ボルト』は、効果がほとんどなく、今では欠陥住宅のひとつといわれています。






   プロ目線のこだわり
    『T・K工法』

k.k fukushima construction since1955
Tel  0172-32-6616

このページのトップへ